日ごろのメンテナンス方法

ここでは、オーバーホールとともに日常的に行いたい、自分でできるオメガのメンテナンス方法を紹介していきます。

汗や水分はしっかり拭き取る

オメガについてしまった汗や水分は、やわらかい布でしっかりと拭き取りましょう。メガネ拭きのような素材の物をオメガのメンテナンス専用に用意しておくとよいでしょう。

特に汗をかきやすい夏場や、水周りで作業した後などは要注意です。汗や水分などの汚れがついたまま放置しておくと、例えシーマスターだったとしても、パッキンの劣化に繋がったり、サビが内部まで侵食したりする危険があります。

こうなると、オーバーホールに出した時に、余計な修理や部品交換が必要になってきてしまいます。日頃から常に清潔に保つことを心がけてください。

溜まった汚れは歯ブラシで落とす

日頃から気をつけていても、皮脂やほこりなどの汚れはケースやブレスレットなどの隙間に溜まっていきます。

こういった汚れは、やわらかめの歯ブラシを使って定期的に落としましょう。特に、ブレスレットのコマとコマの隙間などを入念にチェックしてください。落ちにくい汚れは、石鹸水を歯ブラシになじませて使うとよいでしょう

ただし、洗い流す場合は、なるべく本体には水をかけないように気をつけてください。特に水洗いの前には、リューズがしっかり締まっているか確認を怠らないようにしましょう。残った水分は、言うまでもなくしっかり拭き取ってください。

ステンレス磨きクロスで小傷をとりのぞく

ケースやブレスレットについてしまった小傷は、自分でも簡単にとることが出来ます。ホームセンターなどで手に入るステンレス磨きクロスを使うのが有効です。

磨き方は、あまり力をかけず、一定方向に細い動きで磨いていくのがポイント。磨き終わったら、仕上げにやわらかい布で拭き取りましょう。これだけでも、ある程度の輝きを取り戻すことが可能です。

金属用のコンパウンドなどもありますが、使い慣れていない人には扱いが難しいので、あまりお勧めできません。新品同様の輝きをとりもどしたければ、オーバーホールの際にプロにお任せしましょう