シーマスター

オメガの代表的な製品、『シーマスター』について紹介しています。

ダイバーズ・ウォッチの代表格、オメガの『シーマスター』

ダイバーズ・ウォッチの傑作と言えば必ず名前が挙がるのが、1948年の誕生以来、時計史の中で燦然と輝くオメガ『シーマスター』です。

オメガ社が、第二次世界大戦中にイギリス軍の依頼によって開発した「裏蓋がねじ込み式の防水ダイバーズウォッチ」が原型になっているといわれています。1932年『マリーン』と名付けられたこの時計こそ、当時のオメガの卓越した技術力を証明し、『シーマスター』の原型となったものです。

この『マリーン』は、1932年に探検家・博物学者のウィリアム・ビービが、潜水球を使った潜水で水深923mpという記録を更新したときに着けていたことでも知られています。

第二次大戦終了後、軍事用として開発された『マリーン』はオメガ社により市販用に改良され、1948年よりあらたに『シーマスター』と名付けられ、発売されました。本格スポーツウォッチとして生まれ変わった『シーマスター』は、世界的なベストセラーウォッチとして人気を博しただけでなく、さらに防水性を改善させ、1950年にはイギリス海軍にも正式採用されました。

逸品ならではの伝説に彩られたダイバーズウォッチ

品質と性能において卓越した『シーマスター』ならではの、伝説的なエピソードを幾つかご紹介します。

水深45mまで潜り、我々は海底に沈んだ船室から持ち帰れるものがないか、探し求め回った。
しかし、結局我々が見つけられたのは、1個のシーマスターだけだった。
そして、我々が陸上に戻ると、この時計はすぐに動きだしたのだ…まるで何事もなかったかのように。

これは1962年、沈没したアメリカの飛行艇の救出に向かったダイバーが語ったエピソードで、シーマスターの防水性の高さを示しています。

ドルフィン・マンと呼ばれる伝説的ダイバーのジャック・マイヨール(映画『グラン・ブルー』の主人公、モデル)がイタリアのエルバ島無呼吸潜水101mの世界記録を達成した時に使用していたのは『シーマスター120M』でした。マイヨールがオメガを選んだのは、深い水中での耐圧・防水性能と、文字盤の視認性の良さが決め手といわれています。

『シーマスター』の魅力は、美しさと実用性の、高い次元での両立ではないでしょうか?プロのダイバーズウォッチに求められる、過酷な環境での実用性と耐性の高さを、完成されたデザインの中に秘めているという独自の存在感。事実、『シーマスター』は、一流のプロダイバーたちだけでなく、過酷な環境で働く、深海探査や石油開発現場のプロフェッショナルたちの間でも、仕事の相棒となる逸品として
高い信頼を受けています。

もちろん、ビジネスシーンでも『シーマスター』の魅力は輝きます。ビジネススーツの袖口から、ちらりと『シーマスター』が見えたりしたら、身に付ける人の格と存在感もグッと印象付けられることでしょう。オン・オフを問わず身につけられるスポーツウォッチをお探しの方なら、ぜひ欲しい一本ですね。

ついにオメガが自社製のムーブメントを搭載!

この数年、時計業界やマニアを騒がせているオメガの話題と言えば、なんといっても自社製ムーブメントを使った完全リニューアルでしょう。

2011年、世界最大の時計見本市であるバーゼルフェアにて、オメガがついに、自社生産のクロノグラフ搭載のコーアクシャル・キャリバー『キャリバー9300/9301(Cal.9300/9301)』を内蔵したダイバーズウォッチを発表しました。
注目のその時計こそ『オメガシーマスター プラネットオーシャン』だったのです。

開発に6年の歳月をかけた『キャリバー9300/9301(Cal.9300/9301)』は、素材面では、シリコン性ひげゼンマイを採用し、時計の耐性・耐磁性を大きく改善させることに成功(なんと保証期間4年!)。コーアクシャル脱進機のガンギ車も、ヒトデ型にすることで大幅に軽量化し、回転効率を改善。クロノグラフ機能は3時位置と9時位置にし、3時位置に60分積算計と12時間積算計を同軸上に並べて配置し、計測結果を見やすくしています。そしてコラムホイールを3層構造にすることによって、リセットボタンの誤操作による破損も防ぐことができます。

その他の改良の目玉としては、クロノグラフでは珍しい、時針だけを1時間単位で調整できるタイムゾーン機能もそのひとつ。秒針と分針は動作させたままで、時針だけをずらすことができるので、海外に出かけた時の時差修正も簡単です。

また、クロノグラフではかなり長い60時間ものパワーリザーブ(ゼンマイの稼働時間)を達成しています。これは香箱(巻いたゼンマイを収納している薄い円盤状の箱)を2個搭載したツインバレル方式によって実現した長時間駆動です。

それらの最新テクノロジーを包むモダンな外装デザインや、凝ったディテールが醸し出す高級感も、『オメガシーマスター プラネットオーシャン』の大きな魅力です。ひとたび手にとった人が惚れ込んでしまうのも当然でしょう。

代表的なシーマスター・コレクションの紹介

最後に、オメガ『シーマスター』の代表モデルを紹介します。

プラネットオーシャン

2005年に発表された、革新的な自社製ムーブメント搭載のダイバーズウォッチのシリーズ。600m防水、自動巻きクロノメーター、コーアクシャル機構などプロダイバーズウオッチ最高峰のスペックと美しさを両立。

プロダイバーズ

あの、映画『007』に登場する、こだわりのガジェット通である英国情報部のエージェント、ジェームズ・ボンドの愛用時計としても有名なオメガの防水時計の傑作。ラッカー仕上げの文字盤は、スポーティーなブルーとブラックから選ぶことができ、蛍光スケルトン針とインデックス、ポリッシュ仕上げのセラミック製逆転防止ベゼルが調和した、印象的なデザインが特徴です。自動巻クロノメーターを搭載し、本格的ダイバーズウォッチの代名詞とも言える逸品です。

アプネア

”アプネア”とはラテン語で、呼吸停止の意。文字盤の上で目立っている7つの円は「アプネアカウンター」といい、最大14分まで計測ができます。これはジャック・マイヨール氏のアイデアで付けられたカウンターで、ダイバーが一目で瞬時に潜水時間を確認できます。文字盤の7つの円は1分ごとに赤く変化し、人間が無呼吸で生存できる限界の7分を示しています。

アクアテラ

文字盤の縦ストライプが目印の、熱狂的なファンの多いシリーズです。豪華客船のウッドデッキをイメージしたデザインで、くさび形のインデックスとアロー型の長針とあいまって、全体的にクラシカルですっきりとした印象の意匠です。防水性能は水深150m、コーアクシャルエスケープメントを搭載しているのが特徴です。

GMT

GMTというのは、24時間針とベゼルに刻まれた数字によって2カ国の時刻を同時に読み取ることができる機能を指します。もう一つのタイムゾーンの時刻が瞬時に分かるので、旅行者や世界を舞台に活躍するビジネスマンに便利です。